製品情報

カスタマイズBefore-After

1台を2台に new

  • ベースマシン3連オスカー研磨機

顧客のニーズに合わせ、3連のものを
2連と1連に分けました。

カバーの取り付け new

  • ベースマシン65DX

粉塵とクーラント液の飛散防止のため
カバーを取り付け、作業環境を向上させました。

ミストコレクター等と組合せると
さらに効果があがります。

油圧機械を電動化 new

  • ベースマシンSS5F

油圧と潤滑を兼用しているため、
油に関係するトラブルが多い当設備。

これをボールネジとサーボモーター駆動にすることでトラブルを解消。
また、研削条件をデジタル化することで、品質と作業性を向上
させました。

コンパクトで加工精度の良い機械がさらにグレードアップしました。

ロータリー平研を円筒研削盤へ

全景
  • ベースマシンYGS-20
  • テーブル移動型ロータリー研削盤をベースにして、テーブルスライド軸をボールネジ送りに
  • 砥石Headを自動上下往復運動型に改造
  • 砥石軸上下往復駆動、テーブルスライド駆動共にサーボモーターに置き換えマグネットチャックを廃止してスクロールチャックに

これらの改造により平面研削盤が高能率円板外周加工機に変身

古いコンセプトのロータリー研削盤を高精度基板加工用ハイテク機に

全景
  • ベースマシンSPG-300
  • 砥石切込スライドをターカイトにして、高精度切込み(0.001~75mm/min)を可能に
  • マグネットチャックを停止して、真空チャック/ポーラスチャック併用型に
  • 研削スピンドルベアリング構造の改良により高剛性,高速回転を可能に

ガラス・セラミックス基板の高精度、鏡面加工を可能にしました

平面研削盤をセラミックパイプ切断機に new

Before

旧式の600×300型の平面研削盤をベースに上部切り込みハンドルを取り外し、コラム下部に自動切込モーターを仕込み、φ400カッターでSINの長尺パイプの切断を行います。テーブル往復動をさせながらとテーブル動作停止しての2パターンの切断モードを選択出来ます。当然、砥石の切込位置制御はリニアスケールカウンターにより、任意に行えます。

コンターマシンをインゴット切断機に

金属切断用のコンターマシンを流用して、ダイヤモンドバンドを取り付けてシリコンインゴットの荒切断を行います。

この為に、ダイヤモンド電着バンド駆動スピンドルを高速回転型に差しかえ、バンド,テンション用にエアーシリンダー、ロードセルを追加し、本体剛性UPの為の補助部材を貼り付け、細部に渡る湿式加工対策、バンド支持の為の静圧パットの追加をしております。

おバカを利口に

作業者が任意に決めた砥石位置の下を1回通過したら加工終了という1パス型のマシンをテーブル往復運動しながら、インフィード研削できるマシンへ改造、砥石切り込みはステップ切込方式では右端、左端、両端の3パターンの切込タイミングをプリセットできます。テーブルもクリープ送りと往復運動の2パターンを選択できます。